自転車ブレーキパットの音鳴り解消法 「トーイン調整など」

   

Pocket

自転車に乗っていると
「キー!」と
甲高い音が鳴ることがある。

ブレーキ自体しっかりかかっても
音がうるさいと
ブレーキをあまり
使いたくなくなる。

なので、
一度どんな状況かみてみよう。

スポンサードリンク

どんな時になっているのか?

ケース①

雨の日、または雨上がり

これは言わずもがな、
ほぼなりますので
晴れまで待ちましょう。

ケース②

リムが汚れている。

自転車に乗っていると
リムのブレーキシューが
当たる部分に
ゴミやブレーキシューの
ゴムカスなどが
堆積していきます。

ホームセンターなどで売っている
パーツクリーナーなどを使い、
リムを掃除しましょう。

有名なのだと
ワコーズの
スーパージャンボ

呉もいい

この時、この部分には絶対に
オイル等の潤滑剤は
使用しないでください。

ケース③

ブレーキシュー自体の問題

リムと同様、
ブレーキシューの表面にも
ゴミや金属カスが
堆積していきます。

小石などが
めり込んでいる場合もあります。

その場合、一番早いのは
やすりで表面を削る(均す)

そうすると
ほぼ音鳴りが消えます。

新品のブレーキパットも
軽く均すといい。

ただし、
ブレーキパットが削れ過ぎて
いないことが重要。

そもそもブレーキ自体
効かなくなるのと
リムを痛めてしまう。

ケース④

トーインしていない

元々はトーインは
音鳴り防止と
ブレーキしたとき
シューが平行になるため
制動力があがるとされる。

「トーイン」
八の字のつけ方をする。


シマノ公式より転載

難しい作業ではないので
何度もやってみて
ブレーキかけて
ならなくなればOK!

スポンサードリンク



 - メンテナンス