軽量が人気なアルミフレームkhodaa bloomのRAIL700

      2020/04/27

Pocket

クロスバイクで選ぶなら「ESCAPE R3」
という風潮もなくはなかったが、
ここ最近は軽量モデルでかつ
様々なパーツが初期装備の
「RAIL 700」が注目されている。

スポンサードリンク

khodaa bloomのRAIL700ってどこの?

コーダブルームは日本の会社だ。

正確にはホダカ株式会社が2007年に立ち上げたスポーツバイクブランド。
よくスーパーとかの自転車屋にいくと
「marukin」と書かれた自転車をみたことはないだろうか?
それが一般車のホダカの商品。

「khodaa bloom」は日本人の体型にあったロードバイクやクロスバイクを扱っている。
その中でおすすめしたいのが、今回の「RAIL700」だ」。

RAIL700のスペック

フレーム “EAST-L”Triple butted,BSA130mmQR
フォーク Alloy 1-1/8 100mmQR
ボトルケージ台座 ダウンチューブ(480,440,400),シートチューブ(480,440)
BBセット スクエアテーパーBB
ギアクランク Forged Alloy,48T/36/26,W/CG,175mm(540,480), 170mm(440,400)
チェーン KMC X9
F.ディレーラー SHIMANO FD-M370
R.ディレーラー SHIMANO RD-M370SGS
シフター SHIMANO SL-M2010
ブレーキセット SHIMANO BR-T4000
ブレーキレバー SHIMANO BL-T4000
ギア SHIMANO CS-HG200 11-32T
バー Alloy 560mm φ31.8
ハンドルステム Alloy 100mm(540,480),90mm(440),80mm(400)
サドル Original
シートピラー Alloy φ27.2mm 350mm
ペダル フラットペダル
F.ハブ Original ShieldBearing 28H
R.ハブ Original ShieldBearing 28H
タイヤ Continental ULTRASPORT 700 X 28C BK/BK
付属品 高輝度ライト、キックスタンド、ベル、リフレクター
車種記号 KB-20-021

とこんな感じだ。

なにより9.8kgとかなり軽い。

2020年も2019年も同じ軽さである。

なによりフレームがEAST-L」アルミパイプを使用しており、箇所によって 3 段階の厚みを使い分ける「トリプルバテッド加工」を施したもので、これが「軽さ」と「強度」を両立できる唯一の方法だ。

この構造をすることにより、
フレーム溶接分の盛りを少なくなめらかに出来る。

鉄かアルミかどっちだっけ?と見るときに
その盛りで判断するのだが、
溶接がすごくきれいな為、その自転車に魅力を感じてしまう。

初めての購入に嬉しいパーツ付き‼

街乗りに必要なスタンドと真鍮製のベル。2000カンデラのライト(電池付き)によって、約5000千円相当のパーツが初期からついているのはとてもうれしい。

そして、高い走行性能と耐久性を併せ持つタイヤ「continental ULTRASPORT」

Amazonで安く買えるけど、普通は定価税抜き1本3200円となっているタイヤだ。
正直パナレーサーのタイヤより走行性は高い。

ここまででも軽量かつパーツも揃っており、走行性のも高いクロスバイクなので、試乗できるのなら体感してほしいと思える素晴らしさ。

難点を挙げるならば、グリップは700Aのものを使っては欲しかったとこだ。

コーダブルーム「RAIL700」のページ↓

https://khodaa-bloom.com/bikes/rail/rail700/

 

スポンサードリンク



 - クロスバイク