「POLAR IGNITE」スポーツウォッチはサイコンの代わりになるのだろうか? 

   

Pocket

ロード乗りの中でサイコンいらずにスマートウォッチの需要が増えているのは知っているだろうか?

有名ところだとGPS強者のガーミン(GARMIN)やSUUNTなど様々あったりする。

さて、その中で今回異色ともいえる「POLAR IGNITE」について紹介していく。

スポンサードリンク

POLARはどんな会社?

フィンランドの会社であり、スポーツ、生理学、エレクトロニクスといった各種専門分野の知識を統合したニーズに合わせて開発を行っている。サイコンのほうも有名である。

つまりはスポーツ専門業者でいい。

そもそもなぜイグナイトを選ぶ?

サイコンとして使うなら、ガーミン製品を選ぶのが間違いなく、さらに同じポラールのPolar Vantage Mという商品がある。様々なサイトでもこちらが進められている。

理由は同じGPSを使用しているが、Polar Vantage Mには「Galileo」「QZSS」が搭載されているので精度が段違いに違うからだ。

この二つはアウトドアで行うアクティビティのスピード、距離、ルートデータを提供する全地球航法衛星システムです。内蔵GPSと連動して、技術的に可能な最高レベル精度のデータを提供されている。

「本題」イグナイトはサイコンとしての精度はどうなの?

今回議題に挙げたのが、サイコンとしては使えるのかどうか。

もちろん上位版がいいのはわかるが、これにもGPSは搭載されている。したがって、これでも問題ないのではないか?

ということで「SONY HDR-300AS」のアクションカムGPSからのスピード表記と一致するのかどうかを検証。

河川敷で、金町から里見公園を上り、そして回って下るその時の数値を比較

結果的には誤差は少しだけあるが、そんなに変わらない結果だ。夜暗くなってから別のルートで挑戦してみる。

スポンサードリンク



 - 部品・アクセサリー