「BR-R7000」シマノ105ブレーキに変えたら制動力UP

   

Pocket

今まで初期装備である
ノーブランドを使用していた。

そして、
ブレーキ本体を交換することで
制動力が本当に出るのか
懐疑的であったが、この機会に
105仕様のものへ変更してみた。

スポンサードリンク

BR-R7000

シマノ 105 - デュアルピボット - ブレーキキャリパー - SLR-EV - リムブレーキ

  • 高い剛性でリニアなコンタクトフィーリングを実現
  • 自在なコントロールを可能にする滑らかな制動特性
  • 滑らかなデザイン
  • アーム間のクリアランスを削減
  • ワイドタイヤに対応するより広いクリアランス
  • 28Cタイヤサイズ対応
  • 379 g


こんな性能である。

少しぼやけてるが
今まで使用していたブレーキ

個人的には問題ないと思っていた。

きっちり前後セットなので
とてもお買い得である。
本来は9000円くらいだったかと・・・。

とあれ実走してみる。

制動性が上がっているのは
体感でわかるようにはなっている

前のは滑る感覚があった為
その時のブレーキ操作をしていたが
制動力が上がった為
原則タイミングになれる
必要ができてしまった。

ただ止まりはいいので
安全性はさらに高まったと
いえるだろう。

正直パットだけ交換すれば
いいやといった感じだったが
ここまで変わるとは思わなかったのだ。

28Cまでは対応しているので
ロードバイクのアップグレードに
いかがかな?

スポンサードリンク



 - 部品・アクセサリー